M字ハゲ改善育毛ブログ

M字ハゲ改善!アラサー男の育毛ブログ

M字ハゲ改善!アラサー男の育毛ブログとは?

 

M字ハゲ改善!アラサー男の育毛ブログは、M字禿げに悩む30歳手前の管理人「M字ハゲ改善マン」が、予防と改善を目的として育毛に励むブログです。

ぶっちゃけ、前髪ハゲは辛すぎます…。髪型の自由も一気に効かなくなってしまいます。

管理人である私も対策して1年、ミノキシジル、フィンペシアなどの個人輸入薬はもちろん、亜鉛、ビタミン、ノコギリヤシ、プエラリアなどの内服系サプリメント、髪にいい育毛シャンプーなども使ってきました。

そして、自分なりに「どう対策したら良いのか」という体験談がたまってきましたので、同じようなM字ハゲや若ハゲに悩む方のためにご紹介していきたいと思います。

ちなみに、管理人のM字ハゲはどうなったかというと…

右M字ハゲ改善画像 左M字ハゲ改善画像
右M字ハゲは全体的にスカリがなくなり、産毛も多く生えてきました。左も上部のスカリが無くなり、M字部分も少し密度が高くなりました。

これは、ミノキシジル・フィンペシアと、亜鉛・マルチビタミンサプリを始めて6ヶ月後の画像です。シャンプーはオレンジシャンプーを使い、スカルプ系ではありません。これでも、M字ハゲは少しずつ改善していくのです。

私は、ここからさらに、いくつかの育毛法を現在でも実践しています。個人差というものはきっとあると思いますが…まだまだ、出来るM字ハゲ改善法はたくさんありますよ!

決して諦めないで、日々出来ることをやっていきましょう。

M字ハゲ改善のために必要な対策方法は?

私はこれまで1年ほど、M字ハゲ改善育毛法を実践してきました。その中でも「これは!」と効果のあった対策方法がありますので、ご紹介します。

育毛のための内部対策

「ハゲ予防にはプロペシアだ!スカルプシャンプーだ!」という情報はものすごく出回っていますが、一番大切なことはそうじゃない!と私は思うんです。

髪って、体から生えてくるものじゃないですか。だから、栄養豊富で健康な体の状態があって、初めて育毛がうまくいくんです。だから、体の内部状態を改善するのは、ものすごく大切なことです。そのために私がとっている対策をご紹介します。

育毛内部対策1 タンパク質をとる
髪の毛はタンパク質を使って生えますから、元になる栄養素をとるのはとても大切なことです。実は、これが一番大切なことだと私は思います。これまで無かった場所に、毛が生えてきたという実体験があるからです。管理人は植物性プロテインを使い、たんぱく質をとっています。ニチガ大豆プロテインが一番安いと思いますので、私はまとめ買いをしています。

無添加ピュアパウダー 大豆プロテイン!アミノ酸スコア100新規製法採用

育毛内部対策2 サプリメントで各種栄養素をとる
サプリメントで必要な栄養を補助的に摂取することで、髪が育ちやすい頭皮環境を、体の内部からつくっていきます。

亜鉛は、タンパク質の合成をサポートしてくれる栄養素。髪や爪を作るのに必要なものですので、継続的に摂取するのが良いでしょう。ただし、亜鉛は摂取しすぎると銅や鉄の欠乏症などにもなる可能性がありますので、適度な摂取を心がけましょう。管理人は、高含有量で1粒50mgのものを使っていますが、2~3日に1回と決めて摂取しています。

Swanson グルコン酸亜鉛50mg250錠はコチラ

ビタミンも、当然のことながら髪の生成に必要な栄養素です。日々の食事で全てのビタミンをバランスよく取るのは非常に難しいですから、サプリメントで補助的に摂取するのが良いでしょう。私は、高含有量の製品を、用法の半分にして毎日飲んでいます。

ドクターズファーマシーのマルチビタミン180粒はコチラ

育毛内部対策3 生活を改善していく
最後におすすめしたい内部対策が、生活を改善していくことです。例えば食事についてですが、大豆イソフラボンは女性ホルモンのような働きをするため、男性ホルモンによる抜け毛を減少させると言われています。亜鉛などの栄養素も含まれていますので、管理人は納豆・豆腐・豆乳などを積極的に食べています。

他に重要だと思われるのが、健康的な頭皮の状態で、しっかりと熟睡すること。お風呂でしっかりともみ出し洗いを行い、頭皮を健康な状態にした上で、体があたたかく血行の良いうちにすぐに睡眠します。この時、枕を使わない方が、頭の血行が良く栄養素がよく回ると言われます。

このような生活改善テクニックについては、ブログ内で細かく紹介していきますので、合うものがあれば是非取り入れて見てください。

育毛のための外部対策

体の内側を整えながら、ミノキシジルやフィンペシアなどの外用薬、シャンプーなどの対策を行っていきましょう。

育毛外部対策1 ミノキシジル・ポラリス(血行改善、発毛系)
ミノキシジルは本来育毛薬ではないのですが、体の血行を良くしてくれますので、頭皮にも栄養を運んでくれます。管理人はタブレットを長く飲んでいますが、明らかに毛が生えてきます。生え際の産毛についてはミノタブの発毛効果かと思います。ただし、内服薬ですと全身の体毛も濃くなりますので、「全体のスカリがない方」「体毛増加が気になる方」は、ポラリス(塗りミノキ)の検討も良いかと思います。

ミノキシジルタブレット10mgはコチラ(錠剤カッターで半分にして服用中)
[NR-09]ミノキシジル15%+αローションはコチラ

育毛外部対策2 フィンペシア・ノコギリヤシ(抜け毛減少、脱毛予防系)
前頭葉(おでこ)男性ハゲの原因となる「2型還元酵素5αリダクターゼ」というものがあるのですが、それをピンポイント阻害するために生まれたのが、フィナステリド成分を含有したプロペシアという薬で、日本のAGA治療薬にも採用されています。しかし、病院での治療は高価になるので、ジェネリック医薬品として生まれたのがフィンペシア。管理人は、現在このフィンペシアを服用中です。

フィンペシア(Finpecia)1mg キノリンイエローフリー新タイプはコチラ

そして、この「還元酵素5αリダクターゼ」には1型も存在します。2型がM字や頭頂部ハゲの原因になりやすいのに対して、1型は全身分布し、にきびや体毛が増えるのに影響します。また、M字部分は1型も影響するようです。この1型・2型両方の働きを抑制させるのが「ノコギリヤシ」。皮脂が少なくなり、抜け毛減少、体毛が薄くなったという口コミも多いですね。ちなみにこのノコギリヤシはサプリメント(健康食品)ですが、さらに強力なデュタステリドという医薬品もあります。管理人は、最終的に塗りミノキ以外は医薬品をやらない方向ですので、今後はノコギリヤシに切り替えていく予定です。

Swanson ソーパルメット540mg250錠はコチラ
デュタス(デュタステリド)はコチラ

※デュタステリドは全身に作用する医薬品ため、性欲減退などの効果を強く引き起こす可能性があります。とにかく強力だという口コミも多いです。まずはフィンペシアを使ってみることをおすすめします。

育毛外部対策3 育毛シャンプー(頭皮環境の改善)
毛穴に皮脂が詰まっていると、髪の毛は窒息しているようなものですから、上手く伸びることが出来ません。そこで、汚れをしっかり取り除くシャンプーが必要になってきます。ちまたではスカルプDなどの育毛シャンプーが話題になっていますが、管理人が大切だと思うのは、界面活性剤などが入っておらず、頭皮に悪影響を与えないものです。

管理人は、オレンジの香りが好きなのもあって、現在はオレンジシャンプーを使っています。さらさらふんわりといった仕上がりになりますので、女性の方も使いやすいでしょう。

90万本突破!オレンジシャンプーはコチラ

M字ハゲ改善には、コツコツと継続することが大切

ヘアサイクルというものがありますが、これは、髪の毛が生えて成長し抜けるまでの期間のことです。数ヶ月から数年かかるのですが、AGAやM字ハゲ状態の方は、このサイクルが短くなっています。

医薬品を使ったり、生活改善をすることで、このヘアサイクルが健康的になり戻っていきます。ということは、M字ハゲ改善を実感するために、半年程度はかかるということ。髪の入れ替えなどを待たなければなりません。

例えば、フィンペシアについては、初期脱毛が起こると言われています。これは、ヘアサイクル異常の髪の毛が一度抜けて、新しい髪が生えてくるために起こると言われています。

この段階で「抜け毛が増えてしまった」とハゲ対策を諦めてしまうのは、非常にもったいないことなのです。

人によって合わない薬というのも確かにあるので、何もかも続けなさいというわけではありませんが、オーソドックスで口コミも多いものについては、まずは半年ほど続けてみるのが良いかと思います。

諦めずに、コツコツ継続することで道は開けます。管理人はそうでしたから。

 

M字ハゲ改善マンからのお知らせ